注文住宅、一戸建て

隣接地が住みやすさを決める

家を決めるときには、周りにスーパーがあるかや学校までの距離など周辺の環境に目が向きがち。。。


実は、これでは土地選びで見るべき最後のポイントを見逃してしまうのです!!!

土地選びで失敗しないためのポイントは、隣接地です。

隣接地とは:自分の家の隣の状態です。

たとえば、となりがゴミ捨て場では、どんなに便利でもいやな臭いが漂ってくるかもしれませんね……さすがにこういった事態は避けたいものです。既に周りに家が敷地いっぱいまで建っているような土地は、圧迫感があるので建物を建てられません。

家が近いというのは使える敷地が狭くなるだけではありません。臭いや音がとなりの家から流れてくるかもしれません。
住んでからはご近所付き合いの関係上お隣さんに文句をいうこともなかなか難しいので、事前にお話を聞いたりして情報収集することが必要です。

洗濯機と脱衣所はどこに置こうか?

洗濯機をどこに置くかというのは意外と重要な問題です。
つまり、脱衣所をどうするべきかという問題でもありますね。

考えられるパターンはほぼ2つです。

一つ目は、台所の近くに設置してしまう方法。
メリットとしては、水回りが固められること、朝の食事を作りながら洗濯も進められるということです。
昔はこのタイプが多かったと思います。昔の洗濯機はボタン一つで全自動で洗濯をしてくれるわけではなかったので食事を作りながらちょくちょく洗濯機も弄る必要があったからですね。今は全自動洗濯機が多いのでそんなに拘る必要はないかもしれません。

二つ目は、物干し場の近くに設置してしまう方法。
メリットとしては、洗濯物が一番重いタイミングである洗濯してから干すまでの動線が短いので必然的に負担が減ります。
全自動洗濯機の登場で台所の近くに洗濯機を置かなくて良くなったことでこのタイプが増えてきました。脱衣所が物干し場の近くということで、2階建ての場合は2階に脱衣所と風呂場を設置するということも出来ますね。

洗濯機と脱衣所の問題は、家を建てる時は忘れがちなのに住み始めると非常に気になる問題の典型なので普段の生活でどうしているのかと、どうしたら便利になるのかの2ポイントでよ~く考えてみてくださいね。

風水で一番大事なのは玄関

風水を考えた時に一番大事な場所は、気の入口になってくる、最も重要な場所

玄関は家に入った人がまず目にする家の顔ですが、、家の風水の良し悪しに大きく影響する場所でもあるんです。

そもそも風水の「気」は玄関から入ってきて、家の中をめぐるので、玄関は「吉方位」という運気が入ってきやすい方向に向いていることが重要になります。

玄関が「凶」に向いていた場合、化殺という方法で、悪い気を抑えます。
凶の中でも最も良くない「絶命」の場合は、特に注意が必要になります。

では、絶命に向いていた場合どうすれば弱められるでしょうか?
こういう場合は寝室を天医方位に向けることで、絶命の作用が和らぐと言われています。

風水を決めてくるのは方向だけではありません。気の入りが良くなるようにすることも重要です。
玄関を明るく、清潔に保つこと、悪気や邪気が溜まらないように、こまめに掃除、整理整頓することや、観葉植物、盛り塩、水晶などを置くことで、場のエネルギーを整えるなどの方法で気の流れをよくしてやることも重要です。

風水を取り入れてみよう

土地選びでは、価格・方角・広さと気にしないといけないポイントが山ほどありますね。。。

今回は意外と知られてない【風水】を紹介してみたいと思います。

風水とは土地の持つ力です。この風水ですが一番大事なのは「地相」です!
地相とは→土地の気のことです。つまり、地相が良いか悪いかということです!

どうして地相が大事なの?
→土地の気が運気を左右するといわれているからです。土地選びで運気上昇できたら一石二鳥ですよね。

とはいえ、実際に運気を上昇させるような土地というのはあまり多くありませんので、地相が悪い土地を避けることが基本になります。

ちなみに、地相が悪い土地にすんでいるとこんなことが起こりやすいと言われています。
① 体調不良が起こりやすい(特に睡眠不足など)

② イライラしやすくなり、ストレスが溜まりやすくなる

③ 職場や学校での人間関係のトラブルが起こりやすい

簡単なところだとこのような影響が出ると言われています。

風水は気にする人と気にしない人両方居ますので、必ず気にしろというわけではありませんが、知っておいて損はないので候補地を見つけたらチェックしてみるのが良いのではないでしょうか?

注文住宅の工事ってどのくらいかかるものなんでしょうか?

Q:注文住宅は建売住宅とは違って、一から自分で建てるのでどのくらい建てるのに時間がかかるものなのか気になりますよね。

A:各ハウスメーカーや各工務店ごとに様々な特徴があるうえ、施工規模や施工内容、また施工が始まってからは気象条件にも左右されるので一概にはいえませんが、作業の段階毎の目安をまとめてみました。



①工務店やハウスメーカーに相談してからスタートして、調査、見積もり、契約までが概ね二ヶ月半程度

②契約からより詳細な打ち合わせをして仕様決定、工事が始まるまでが概ね二ヶ月半程度

③工事開始から完成・引き渡しまでが概ね四ヶ月程度


合計で家を建てるの思い立ってから、約十ヶ月で家が建ちます。