注文住宅、一戸建て

調査不足での失敗例

調査が不足すると家が建てられなかったり、敷地が狭くなってしまう場合がありますので注意しましょう。



① 市街化調整区域にされていないか
市街化調整区域では、自然環境保護のために開発はあまり行わないようになっているので、住宅を建てられない可能性があります。

② 古屋付き物件にご注意
古屋付き物件では建て替えればいいという考えで買うこともありますが、既存不適格という現在の法では住宅を建てられないということがあります。

③セットバック
接している道路が狭いがために、道路の中心から2m以上離さなければならないセットバックが必要な場合があります。この場合敷地が減少してしまう可能性があります。


関連記事

コメント

非公開コメント