注文住宅、一戸建て

気象と間取りで使いやすく

気象条件は忘れられがちですが重要な情報なので気をつける必要があります。

気象情報には2種類があります。

① マクロな気象情報
天気予報などで使われるものです。降水量や日照度などがこれにあたります。データ上でその土地がどのような気象に恵まれているのかを確認できます。日当たりなどがちゃんとあるのかしっかり事前に確認しておきましょう。

② 生の情報
住む場所の近隣住民や知っていれば営業マンに聞きましょう。どっちの方向から雨や雪が吹き込むかなどがこれにあたります。地元の住民はよく知っていますが、住んでいないとなかなか雨風の吹き込む方向などはなかなかわかりません。ですが、こういった情報は生活するに当たっては非常に重要になってくるので

特に玄関の向きをキチンと決めないと玄関を開ける度に雨や雪が吹き込みかねないので気をつけましょう

関連記事

コメント

非公開コメント