注文住宅、一戸建て

住めば都ですが、いい都に住みましょう

家を建てるにあたって重要なのは家の中だけではありませんよね。家を買ったらその場所から会社に行ったり・学校に行ったり・買い物に行ったりするわけです。内装がパーフェクトでもそこが無人島だったら生活するのは中々不便ですよね・・・まぁ今のは極論ですが、何処に住むのかっていうのが重要だとわかっていただければと思います。


今回はどういうポイントを抑えていると住みよい街なのかということを【便利な街に住みたい】をモットーに5つの視点から紹介したいと思います。

1.最寄り駅までの状況  
 
  □ 徒歩の時間
  □ 道路の混雑状況
  □ バス停からの距離・時刻表・始発終電


2.勤務先や学校までの所要時間  
  □ 電車の本数・乗降状況・混雑状況
  □ 最寄り駅からターミナル駅までの時間
  □ 始発時間・最終到着時間・バスの終電に間に合う到着時間
  □ 駅前の駐車場や停車場の状況


3.生活のための施設

  □ 買い物の施設 (コンビニ・スーパー・商店街など)
  □ 銀行・郵便局
  □ 役所関連
  □ 病院関連 (種類と救急対応の有無も忘れずに)
  □ 公園
  □ 学校・塾までの距離と時間


4.生活環境の整備
  □ 緑の状態
  □ 交通の量
  □ 騒音の状況
  □ 日照は十分か
  □ 匂いはしないか
  □ 治安


5.見落としがちなチェックポイント

  □ ゴミ置き場の場所
  □ 周辺の地盤が下がってないか
  □ 面している道路の幅が4m以上か
  □ 上水道‥下水道はキチンと整備されているか


各視点に関する説明をすると、
【最寄り駅までの状況】
最寄りまでのアクセスがどの程度整備されているのかを確認しておきましょう

【勤務先や学校までの所要時間】

最寄り駅から勤務先や学校がどの程度離れているのかチェックしましょう。
最寄り駅までのアクセスと合わせてチェックすることで、通勤・通学時間が概ね計算できるます。
遠すぎる通勤・通学も考えものですが始発駅であれば、長時間でも座っていられるのであまり問題にならないという場合もあるので必ず朝の乗降状況や混雑状況も確認しましょう。


【生活のための施設】
せっかく交通の便がよくても買い物する場所がないために、遠出が必ず必要になるというのも考えものですから、生活圏がどれほどの範囲で完結できるのかということは事前に確認しておきましょう


【生活環境の整備】
ここは人によって大きく優先順位が異なるポイントが多いですね。ここで挙げた条件は閑静な住宅街は満たしますが、賑やかな繁華街ではあまり満たされなかったりするので個人の好みの要素が大きいです。個人的には子どもの生育には閑静な住宅街の方が環境的には適していると思います


【見落としがちなチェックポイント】
ここに関しては個別の項目で必要性を見ておきましょう

①土日はゴミを捨ててないので見落としがち。自宅の庭にゴミ捨て場が食い込んでいるのような例がないように確認しておきましょう。

②道路にある大きな水たまりや陥没を見ることで地盤沈下を確認できます。地盤が弱い土地は土地が低く大雨で浸水の危険があるので気をつけましょう

③建築基準法により敷地は幅4m以上の道路に2m以上接している必要があるので、幅4m未満の道路には要注意です。不安なときは役所の建築指導課で確認しておきましょう。

まず上水道のポイントは引き込みの有無・引き込み管の口径の2点です。ここが不足していると蛇口が少なくなったり・そもそも一戸建てが建たない場合があります。
下水道に関しては下水道か合併浄化槽が必要になります。どちらも使えない場合には工事をして設置しなければなりません。


家が建ったらずっと住むのですから、買ってからこんなはずではなかったのにと後悔するようでは遅いのです。
土地を決める際には以上のようなポイントを確認して失敗しない土地選びをしましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント