注文住宅、一戸建て

オール電化って結局なんなのさ

オール電化、正しくはオール電化住宅というのですが、このオール電化住宅というのは、調理や空調や電気や給湯などの熱源を必要とする機能を全て電気で賄っている住宅のことを指します。

オール電化住宅の特徴



オール電化住宅では、このような設備が使われています。

【キッチンの設備】
ガスではなく、電気を使って調理を行う、IHクッキングヒーターを使います


【給湯】
ガスでお湯を沸かすのではなく、安い深夜電力を使って夜間にお湯を沸かしておいて、日中に沸かしたお湯を使えるように沸かしたお湯を溜めておけくことができるエコキュートを使用します。


【暖房】
ガス・灯油の暖房ではなく、エコキュートの熱を利用した「床暖房」や、安い深夜電力で夜の間に蓄熱して(熱をためて)おき、その熱を日中に利用する蓄熱ヒーターが使われています。


オール電化最大の特徴は【夜間の安い熱源を使うことで電気代を抑える】というところにあります。結果として、電気に熱源を集中させることで燃料代を抑えることが出来るという仕組みなのです。

関連記事

コメント

非公開コメント