注文住宅、一戸建て

知っておきたい地震保険

火災保険のことは知っていても地震保険のことは知らないという人が今でも多いのではないでしょうか?


東日本大震災では地震による火災や津波の被害が甚大でした。今後、首都直下型地震が起こる可能性は70%以上とも言われています。こういった地震を原因とする損害には火災保険は保証対象外なので住宅を失い・保険もおりないのにローンは残るという事態に陥らないためにも地震保険への加入は考えて損はないと思います。今回は地震保険のポイントを火災保険とどの辺が違うのかまとめてみました。


① 地震保険は単体で加入できない
火災保険は何かと一緒に加入する必要はないですが、地震保険は火災保険と一緒に契約するようになっています。

② 最大保険金額は満額ではない
火災保険は最大100%まで保険金額を設定できますが、火災保険の30~50%までしか保険金額を設定できないようになっています。地震は火災とは違って、被害が広範囲で同時に発生するので保険金に上限がかかってしまうんですね。

③ 支払いが迅速
地震保険は保険金の支払いを迅速に行うべく、被害状況を3つに分けて、「全損」なら保険金の100%、「半損」なら保険金の50%、「一部損」なら保険金の5%というように支払われます。

④ 保険料が同じ
実は地震保険は保険内容が同じならどの保険会社でも保険料が同じになります。保険料は住んでいる地域と住宅の構造によって決まるんですね。


地震保険の基本的なポイントはこのあたりになります。いつ大きな地震が来るかわからない現在、地震保険で備えあれば憂いなしの体制を作っておくことが必要なのではないでしょうか。

関連記事

コメント

非公開コメント