注文住宅、一戸建て

すまい給付金でどれくらいお金がもらえるのか

すまい給付金を決める条件は二つです。第一は収入、第二は持分割合です。持分割合は住宅購入費のどれくらいの割合負担しているかというものです。

給付金は、【 給付基礎額 × 持分割合 = 給付額 】

1. 収入と給付金の関係

収入額に応じて給付基礎額が決まります。消費税率別に基準が異なるのでよーく確認しておきましょう。

給付基礎額一覧



このように収入と都道府県別の調整が入って給付額が決まります


2.持分割合と給付金の関係

その住宅のどのくらいの割合の所有権を持っているかが持分割合です。給付基礎額に持分割合を掛けたものが給付金になります。
実際の例を見て確認してみましょう。
夫の年収500万円・妻300万円で持分割合が夫80%・妻20%であった場合を考えてみましょう。


①消費税率8%のとき、

夫:給付基礎額10万円×持分割合80%=8万円
妻:給付基礎額30万円×持分割合20%=6万円
合計で14万円がすまい給付金として給付されます。

②消費税率10%のとき

夫:給付基礎額40万円×持分割合80%=32万円
妻:給付基礎額50万円×持分割合20%=10万円
合計で42万円がすまい給付金として給付されます。

すまい給付金は以上のように給付されます。どれくらいの持分割合にするかにも関わるので事前に知っておくと便利ですね。


関連記事

コメント

非公開コメント