注文住宅、一戸建て

マイホームの予算はお幾ら万円???

注文住宅を立てる際にはいろんなことが問題になるが、住宅の出来を大きく左右するという意味では予算は非常に重要なファクターであると言えるでしょう。では予算は多ければ良いものでしょうか。無理のある予算組をした結果、新生活が窮屈になったり、まして破綻してしまったりしてはマイホームを購入した意味が無くなってしまいますね。


今回は正しい予算の規模はどうやって決めると良いのかを考えていきたいと思います。


予算を決める際に気をつけるべきなのは、予算は2種類のお金でできているということです。自分で用意できる自己資金住宅ローンで用意するお金の2種類の合計の総予算で家を買うことになります。


では、住宅ローンはどのくらいまでは借りても良いのでしょうか?
ここでちょっとしたクイズです。
年収600万で4500万くらいの家を建てたいとしましょう。
この時、頭金を500万くらいにして残りの4000万を35年の住宅ローンで返済しようと考えています。
住宅ローン金利が2%の時、この予算の建て方は大丈夫なのでしょうか?



正解は非常にキツイになります。どうしてそうなるのでしょうか?


一般的に大丈夫とされる毎月の返済額は【年収の25%まで】と言われています。
クイズの例も含めてどのくらい借りれるかシュミレートしてみると

年収 400万円 →毎月返済額 約 8.3万円→借入額2516万円
年収 600万円 →毎月返済額 約12.5万円→借入額3774万円 ←さっきのはここ
年収 800万円 →毎月返済額 約16.7万円→借入額5032万円
年収1000万円 →毎月返済額 約20.8万円→借入額6290万円
ちなみにこの計算は、元金均等返済・ボーナス時加算なし・金利2%・35年返済のもとで計算しています。

一般的によく言われる目安では、さっきのクイズの家庭はキツイということになりますね。


モチロン25%目安は一般的にはというレベルでの話なので、ここで見たものがこんなに無理っしょという方も、こんぐらい出せるでしょという方も色々だと思います。ですから、家族で話し合ってどのレベルの家を建てるのかキチンと話し合っておきましょう。家をて建てる前の情報収集の段階から予算の問題は付いて回りますからね。


無理をしたっていい家に住みたいという方もいるとおもますが、無理をしての返済は続かない可能性が高いうえに、転職などで年収が変化した時に大変苦しくなってしまい。住宅を手放さざるをえない状態になるかもしれません。


生活を豊かにするためのマイホームで生活を窮屈にしてしまっては元も子もないので無理のない資金計画を立てて予算を決めましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント