注文住宅、一戸建て

損をしないために知っておきたい贈与税

自分で資金を集めることはもちろん重要ですが、親御さんなどのサポートしてくれる方のサポートを受けられるのなら受けるとよりより家づくりが出来ますからサポートはできるだけ受けたいものです。ですが、このようなサポートにも贈与税という税金がかかりますから気をつけましょう。
贈与税とはどんな制度なのでしょうか?簡単にまとめてみました

系統としては主に2パターンあって、財産を受け取った人がそのどちらかを選択して申請するという制度になっています。


1. 暦年課税

ベーシックなパターンの贈与税はこちらのようです。シンプルなので課税額もわかりやすいのが特徴です。

【 ( 課税価格 - 基礎控除 ) × 税率 = 税額 】

課税額はこの式で決まります。実際にはこの税額に合わせた控除額を引いたものを納税します。

【用語説明】
課税価格:1年間にもらった財産の合計
基礎控除:税金がかからない部分、年間110万円まで
控除額:計算された課税額から直接引かれるもの。税金の値引き



2.相続時精算課税

ちょっと暦年課税とくらべると変則的な贈与税です。なんと2500万円まで非課税になります。というのも、相続時精算課税はもらった財産を相続税の計算時に合算して計算するという計算方法なのです。

注意すべきポイントは一度相続は相続時精算課税として登録してしまうと、その人からもらった財産は今後は全て相続時精算課税になってしまうということです。この点は忘れられがちなので気をつけましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント