注文住宅、一戸建て

今なら間に合う消費税8%

2014年の4月から消費税が8%になりました。住宅をはじめとした大型の買い物では消費税はバカになりません。例えば、5000万円の8%は400万円になります。


1. 忍び寄る増税

この消費税ですが、2017年の4月に10%になります。住宅は軽減税率対象にならないので増税のダメージをもろに受けます。
消費増税は、『元々100円の商品が今までは108円だったけど、これからは110円になります』という話ではあるのですが、住宅では『元々5000万円で建てられる住宅今までは5400万円だったけど、これからは5500万円になります』というようになり負担増が目に見えて大きく出ます。



2. まだ間に合う8%期間

住宅にかかる消費税が決まるのは住宅を建て終わったあとの引き渡しが終わった後なので、工事を早く始めないと間に合いません。ですが、注文住宅には8%の消費税ですませる手段がまだ残されています。

それは、契約を2016年の9月30日までに請負契約をすませることです。これは消費税経過措置というものなのですが、9月30日までに契約すれば引き渡しが間に合わなくても適用される消費税は8%ですみます。上の例なら100万円減らせます。住宅ローンの借入額を100万円浮かせたとすればもっともっとオトクになりますね。

金利も下がっていて消費税もギリギリ増税前の今は住宅を注文する上で良いタイミングであるといえるでしょう。
どんなプランニング出来るか調べたり、住宅情報サイトで確認してタイミングを逃さないようにしましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント