注文住宅、一戸建て

頭金なんて必要ない!

一般的に頭金は2割用意しろといわれていますが、これは嘘っぱちです。あったらあったでそれが望ましいのは事実ですが、なかったら家を建てられないというのは大間違いです。建てられない訳ではないのですから、用意する義務はありません。


そもそも頭金が2割必要という話が通用したのはバブル期までです。当時住宅ローンの主流だった住宅金融公庫が8割までしか貸してくれないから、必然的に2割は事前に頭金として貯めるしか無かったというだけのことです。現在の低金利時代であれば頭金なしで注文住宅は不可能なわけではありません。むしろバブル期に頭金をきっちり2割用意して建てるよりは安上がりな場合もあります。

関連記事

コメント

非公開コメント