注文住宅、一戸建て

地区計画で住環境を整えよう

日本の住宅街は大抵敷地いっぱいいっぱいに家が並んでるイメージってありませんか?これって実は近隣住民とのトラブルの原因になりやすいんですね。そういった問題を未然に防ぐために最近では地区計画が流行り始めているようです。


接近した住宅街は、音・臭い・プライバシーの問題を引き起こしがちなんですね。これでは問題が起こってもしかたないでしょう。もちろんこういった環境は子育てにも良い影響を与えませんので、こうした地区計画は長期にわたってその土地に住むと考えると非常に重要なポイントといえそうですね。


住環境以外にも土地の価値が上がるという金銭的な意味合いも実はあります。
ヨーロッパの街並みってメッチャきれいですよね。あれも【街の景観を損なわない】というある種の土地計画でできたものなんですね。ヨーロッパでは中古家屋もいい値段で売れるのはこういった整った住環境が理由の一つらしいのです。日本でも住環境が整備できれば高く売れるかもしれませんね。

関連記事

コメント

非公開コメント