注文住宅、一戸建て

月々の返済額が変わらない元利均等返済

元利均等返済とは元金と利息の合計が返済期間内では均等になるように返済する返済方法です。

元利均等返済の簡単な返済イメージはこんな感じになります。
元利均等返済のイメージ

元利均等返済の最大の特徴は【毎月の返済額がずっと変わらない】ことです。ということは返済計画が非常に立てやすいということが出来ます。元金均等返済と同額・同期間・同利率で借り入れた場合は初期の返済額が元金均等返済より小さいこともあって、住宅ローン利用者多くが元利均等返済を利用しています。


住宅ローンの返済では、返済額から利息分を引いたものを元金の返済額とするルールがあるので、元金が多く利息が多く付く最初のうちはあまり元金が減らないというで特徴があります。そのため、同額・同期間・同利率で借り入れた場合は元金を一定割合で返済していく元金均等返済より元利均等返済のほうが総額が多くなる場合が多くなる傾向があります。ですから、積極的に繰り上げ返済をしていくと良いでしょう。

関連記事

コメント

非公開コメント