注文住宅、一戸建て

史上最低水準に近づく変動金利

変動金利はその名の通り金利が変わっていく金利なわけですが、固定金利とどのように異なるのでしょうか?


1. 金利が定期的に変化する


金利が半年毎に見直されるという形で出来ています。ですが、その度に返済額が変化するわけではありません。
返済額の変更は五年に一度なので度々変化するわけではないので安心してください。



2. 最初の金利が低くスタートする


変動金利は固定金利と比べて目先の金利が低く設定されているので、毎月の返済が比較的少なくて済むという特徴があります。これは金利の変動リスクを個人が背負うので、銀行がリスクを背負う固定金利よりも金利が低くなるという仕組みになっています。


もちろん金利の変動リスクを背負う分、金利が上昇すると返済額が増加する可能性があります。しかし、この問題は125%ルールというルールが一応ケアしています。たとえば、当初の支払いが8万円とすると、6~10年目は10万円が上限がかかります。

ただし、金利には125%ルールはあるませんから金利が急上昇してしまうと返済額の全てが利息額で埋まってしまう可能性があります。たとえば、当初の支払いが8万円でしたが、金利が急上昇して利息だけで12万円になる可能性があります。しかし125%により返済額は10万円ですから、利息すら払いきれないという事態に陥ることとなります。この場合は【未払い利息】になってしまい。返しても返しても元本が減らないばかりか、未払い利息の分だけ将来の返済が増加するという事態もあり得ます。



3. どんな人が向いてるの?


金利変動リスクを耐えられる人、つまり、金利が上昇しても無理なく返済が続けられる余裕がある人が向いているといえます。
たとえば、金利変化に対応できる資金力のある人・返済期間が短い人・借入額が大きくない人などでしょう。また、このまま金利が低いままという予想をしている人も変動金利で借りる人が多いです。


4. 金利の決まり方


変動金利は短期金利を指標に決まっています。短期金利は日銀の設定する政策金利の変化を反映する形で変化します。どういう関係なのかを関係をまとめると、【政策金利が上がる(下がる)と短期金利は上がり(下がり)ます】


最近ニュースで日銀がゼロ金利を発表したとと話題になりましたが、これは日銀の政策金利を引き下げる政策なので、これに伴って短期金利も下がり、住宅ローンの変動金利が下がりました。



変動金利は固定金利に比べれば低いということが来ますが、金利変動リスクがあることは確かなので注意が必要です。

また、金利が低いので借りすぎてしまうケースがあります。

たとえば、融資額3,000万円を返済期間30年・金利3%で借り入れると、毎月の返済額は12万円強になります。しかし金利が1%で他の条件が同じとすると返済額は10万弱になります。


このように同額を借り入れようとしても金利が違うだけで返済できそうかできなそうかの判断は変わってきます。しかし金利が上昇してしまうと、6年目以降の返済額は大きく変わってしまう可能性があるので注意が必要です。


関連記事

コメント

非公開コメント