注文住宅、一戸建て

固定金利はシンプルさがウリ

フラット35を中心に全期間固定金利型がよく使われるようになりました。
なぜ多くの人に固定金利が選ばれるのでしょうか?


1. 金利が絶対変わらない安心

固定金利はその名の通り金利が返済終了するまでずっと金利が変わらないというのが一番の特徴です。


Q .金利が変わらないと何がいいの?

A. 月々の返済額が変わらないことが保証されるので、返済計画が守られやすい。


変動金利は定期的に金利が見直されるので、適用される金利が変化すると当然月々の返済額も上下します。しかし、固定金利は金利が一定なので絶対返済額が変化することはありません。返済額は予め決まっていますから、最初に立てた返済計画が守りやすいということが出来ます。


Q どういう人にオススメなの?

A  返済額アップに対応しにくい家庭にオススメ

これから教育費や老後の資金を準備したい家庭には非常にオススメ。返済額が返済終了までずっと固定なので貯金しやすさは一番です。もっと広い目で見ると、ライフプランを立てやすいということが出来ます。



2. 最初の返済額がやや高めに

安定感がウリの固定金利ですが、安定感があるかわりに変動金利と比べて金利が高めになっているという特徴があります。金利変動リスクを個人ではなくて銀行が背負っているのでその分金利が高くなっているんです。言ってみれば、安定をお金で買っているというわけです。



3.固定金利は何を参考に決まるの?

銀行の固定金利は指標に基づいて決まっています。その指標は長期国債(新発行十年国債)の値段の動きに関係する長期金利によって決まります。どういう関係なのかを関係をまとめると、【国債の価格が上がる(下がる)と長期金利は下がり(上がり)ます】

最近ニュースで長期金利が0%になったと話題になりましたが、これは国債の需要が高まったので長期金利が下がったというわけです。近年は日本国債の金利は非常に低くなっているので固定金利も低い水準に落ち着いています。



固定金利は比較的高いとはいえ、20年前の金利が4%オーバーで一時期8%にも達していたことを考えると、最近の金利水準は1~2%なので借りやすいという状況になっていることは確かなので、全期間固定金利は変動金利と比較して高いとはいえますが、十分に金利水準が低くなっていることは事実なのでそこまで大きな問題にはならないと思いますので是非検討してみてください

関連記事

コメント

非公開コメント