注文住宅、一戸建て

新しい住宅ローンの形フラット35

実は2007年に旧住宅金融公庫はなくなり、住宅金融支援機構になったことで公的な原則的に個人向け住宅ローンはなくなりました。
新たにできた住宅金融支援機構の役割というのが、耐震リフォームや高齢者への特例融資や災害復興住宅融資などの民間銀行では難しい融資と、フラット35という民間の個人向け融資のバックアップを行う役割でした。


新しい住宅ローンフラット35

フラット35の特徴は民間銀行が住宅ローン希望者に貸し出し、その債権を機構が買い取って証券化するというもので官民一体にも近い新しい銀行ローンの形態です。

フラット35の大きな特徴として、住宅ローンの金利を販売元である銀行側が設定する長期固定金利が低く抑えられるというものがあります。


どうして機構が債権を買い取ることで銀行側が設定する長期固定金利が低くなるのでしょうか?
債権を機構が買い取るので、債権のリスクを銀行ではなく機構が背負うことになるからです。
というのも、主に短期の資金で資金調達を行う銀行にとって、長期固定金利の住宅ローンは相性が悪く、取り扱うことが難しいとされています。難しい金融商品の金利は非常に高くなりがちです。
日銀の債権買取はこの相性の悪さを緩和することができるので、長期固定金利が低く抑えられるのです。
結果として、住宅ローン利用者は長期に完全固定金利で住宅ローンを組むことができるようになるのです。
フラット35の大きな特徴である完全固定金利については別ページにて説明していますので、ここでは省略


固定金利だけじゃないフラット35のおすすめポイント  

機構が関連することによるメリットは長期固定低金利以外にも2つあります。


① 高品質の証明
これは制約にもなりますが、フラット35の申し込み要件の中に適合証明機関の検査があるため、機構の建設基準を守った物件になるので必然的に高いクオリティであることが保証されます。
省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を建てた場合、金利を一定期間引き下げるフラット35Sを受けられるので、金利の為にも環境に優しい家づくりのために省エネや耐震性に取り組んでみるといいでしょう

② 保証金と繰り上げ手数料がカット
なんと保証金と繰り上げ手数料がタダになるので住宅ローンの借り入れ難易度と早期繰り上げ返済が容易になるのはありがたいですね。



フラット35がどのようにできて、どうして低金利で固定金利が可能になったのかということを見てきました。
完全固定金利がどういうシステムであるのかは金利について紹介しているパートで見ることができるので、確認しておきたい方はそっちを見ていただけると簡単に書いてあります。

関連記事

コメント

非公開コメント