注文住宅、一戸建て

坪単価に要注意!!!

家づくりでどれくらいお金がかかるのかの指標として坪単価というものがあります。コイツが結構厄介なので今回は注意点を紹介します。


そもそも「坪単価」という単価とはということから簡単に確認すると、坪単価とは一坪当たりの建築費です。
【建築費を坪数で割って計算します】

メーカの坪単価に土地の大きさをかけると、だいたいどのくらいお金がかるのかの参考にします!!!
→ここで【要注意ポイント①注文住宅は価格がバラバラ】

注文住宅は世界に一つしかないオーダーメイドの住宅なわけです。どのくらいこだわって作ったかによって価格にばらつきがでるわけです。ということは注文住宅の相場を計算してもあまり役に立たないわけですね。


ですから、シンプルな注文住宅ばっかり立てている会社は坪単価が安くて、要望を叶えるための凝った作りをしている注文住宅を建てている会社は坪単価が高くなってしまうわけですね!!!こだわりの家づくりをしてくれる会社を坪単価だけを見ていたら見落としてしまうかもしれません。


家づくりをするにあたってかかるお金は建築費だけでなく、家の外の工事やカーテンなどの内装にもお金がかかります。ですから単純に建築費が安いかどうかで判断するのは難しいわけですが、坪単価でも同じことがいえます。
→ここで【要注意ポイント②坪単価は建築費の時と全費用の時があります】


坪単価を算出するにあたって全く同じ家を作ったとしても、建築費を坪数で割って研鑽した場合と全費用を割って研鑽した場合とでは坪単位が違ってきてしまいますね・・・家づくりの費用の見本をキチンと出すと損をするようになっているということです。坪単価を聞くときは建築費なのか内装まで全部の費用なのか聞いてみるといいですね。誠実さの参考になります。


簡単にまとめると、今回のポイントは

①注文住宅ではあまり坪単価が参考にならない
②坪単価の出し方がバラバラなので家づくり全体の費用の目安にならない

この2つです。坪単価をいろいろ調べている場合はココによ~く注意して調べるようにしましょう。

関連記事

コメント

非公開コメント