注文住宅、一戸建て

失敗しない注文住宅を作るために

注文住宅に限らず住宅購入は多く人にとって人生最大の買い物です。住宅購入で満足する人と後悔する人と大きく二つに分かれています。どうしてこのように分かれてしまうのでしょうか。満足と公開を左右するのは情報をちゃんと集めているかどうかです。情報を集めるかどうかで上手くいくか行かないかが決まります。そこで、住宅購入の流れや住宅ローンにはじまって収納などのインテリアについて住宅の情報を集めました。住宅選びの参考にしていただけると幸いです。

  自力でいろいろ調べたい方はこちら
  >>マイホーム購入の流れ へGO!
  >>住宅ローン契約の流れ へGO!
  >>控除でお金を取り返そう へGO!
  
  リクルートの無料住宅講座に参加して、手っ取り早く体系的な知識を得たい方はこちら
  >>リクルートのスーモカウンターの無料講座に参加する へGO!
  ※私が最初にやった方法です!無料だし勉強になるのでオススメ!

  簡単にサクッと知りたい方はこちら
  >>初心者にオススメの住宅情報会社 へGO!

マイホーム購入の流れ

マイホームの購入は一生で何度も経験出来るわけではない大きな買い物です。そんな大きな買い物を失敗したくないですよね。
ですが、マイホーム購入で後悔する人がすごく多いのも事実です。マイホーム購入で失敗しないためにも、マイホーム購入がどのような流れで進行するのか確認しておきましょう。


1.まずはどんな家がいいか決めよう

どんな家にしたいかイメージするのはマイホーム購入の成否を分ける非常に重要なポイントです。では、どんな家にしたいかを考える上で一番忘れてはいけないことは何でしょうか?

それは、【これから新居でどんな生活をしていくのか】ということを【家族で話し合う】ことです。手間と時間がかかりますが、家族がみんなで話し合って行く中で、一人では気づかなかったようなポイントを入れられたり、ひいては家族全員が納得できる家造りにつながります。

家族で話し合う中で、広い家がいいや収納の多い家がいいのような【理想の家】から、家中を子どもが走り回り、家族が笑い合うような【住みたい家】のイメージへ移っていきます。
詳しくは先ずはイメージより始めよ



2.先に予算を決めよう

どんな家にするか検討したので情報収集をしてアイデアを具体的に詰めていきたいところですが、その前に予算の方を先に決めましょう。家にお金を無限に使えるわけではありませんから、自分で用意できるお金と住宅ローンで用意するお金とを合わせて、合計どのくらいの予算が用意できるのかをきちんと確認しましょう。
詳しくはマイホームの予算はお幾ら万円???



3.どこに建てるか決めよう

土地を決めるにあたってもちゃんと家族で話し合って希望の条件を共有しておきましょう。土地決めで失敗しないために最低限忘れずに見ておきたいポイントは、予算や広さ、沿線・最寄駅、駅からのアクセス、治安などですので必ず確認しておきましょう。必ず土地を決める前には候補地に実際に足を運んでください。特に駅とのアクセスを確認するためにバスの時刻表などを見てみて、生活し始めてからのことを想像してみましょう
詳しくは住めば都ですが、いい都に住みましょう



4.建築会社の情報を集めよう

土地に目星をつけたところで、一緒に家づくりをする建築会社をどこにするかの情報収集をしなければなりません。
 

情報収集は次のように行うと効率よくスムーズに進みます。
第一段階は、情報サイトや情報誌工例や商品の特徴などをチェックするのが良いでしょう。
第二段階は、チェックした中の気になる建築会社を資料請求してみましょう。
第三段階では、資料を見て興味を持った会社のモデルハウスに行ってみましょう。空間の使い方や素材の質感など、実際に見てみないと分からないことがわかると思います。

入念に確認したい方は、興味のある建築会社の工事中の様子みることができる現場見学会や、完成した家を見せてくれる完成見学会にも行ってみると良いでしょう。
モデルハウスの見学に関してはモデルハウス見学でここを見ろ



5.一緒に家を建てる建築会社を決めよう

情報収集を通じて建築会社に目星がついてきたら、次にやるべきことはラフプランと概算見積もりの依頼です。いよいよだいぶ本格的になってきましたね、
このラフプランと概算見積もりですが、ふつう複数の会社に依頼する「相見積もり」というものをします。情報収集の段階で候補の会社を2~3社に絞り、予算などの条件や最初に決めた家の希望を伝えて、それぞれの会社に見積もりを出してもらって比較する。複数社の見積もりを見比べてどこの建築会社の見積もりが予算内で最も希望が通るのか確認しましょう。
詳しくは
まずは建築会社の種類から選べ!
相見積もりで失敗しない建築会社を選ぼう



6.建築会社と一緒に間取りを決めよう

相見積もりを終えてどこの建築会社と一緒に家づくりをするか決まったところで、ついに間取りを詰めていく段階まで来ました。ここで入念に間取りや見積もりをやっておくことが失敗しないために非常に重要になってきます。

間取りと見積もりの打ち合わせを終えて本設計と本見積もりにサインすると契約完了です。契約後の変更は高く付くことが多いので予算オーバーに直結しますから、予算を守り切れるかの最終ボーダーラインというわけです。
必ず付帯工事費や諸費用の見積もりももらい工事全体にかかる費用をきちんと計算しましょう。もしこの段階で予算オーバーが見えているんであれば、グレードを落とすなどコスト調整が必要な場合もありますから慎重を期して望みましょう。
工事全体のプランおよび、費用面でも納得できたら「工事請負契約」を結んで着工しましょう。



7.住宅ローンの申し込み

契約前の話にちょっと戻ります。購入の意思が固まったら購入申込みと同時に、住宅ローンの事前審査を受けておきましょう。住宅ローンについては借入先や借りる額、返済期間などが入居後の返済負担に影響してくるので借りる本人がきちんと確認しましょう。

事前審査も契約も終わったら、ついに住宅ローンの本申し込みになります。ここで審査に通ると晴れて住宅ローン契約ができます。
詳しくは失敗しないための住宅ローン契約までの流れ



8.工事開始!

工事をはじめるにあたっていくつかやらなければいけないマナーがあります。
最初は工事の日程が決まってから着工までの間に近隣へのあいさつをすること。
工事の期間中は車の出入りや騒音などで近隣に迷惑をかけることがあるので、建築会社の担当者に同行してもらい、お菓子やタオルなどの手土産持参で工事日程などを説明しましょう。

工事ではまず地縄張りと地鎮祭を行います。建物の位置を確認するためにビニールひもなどを張るのが地縄張り、工事の安全を祈願する儀式を地鎮祭といいます。ちなみに、地鎮祭を行うかどうかは施主の判断にもよるとされています。

いざ工事が始まったら、ときどき現場に足を運んで進行状況を確認しましょう。職人さんも一緒に家づくりをしていますから飲み物の差し入れをしてみてはいかがでしょう。



9.完成したら建物をチェックして引き渡し

工事が完了して建物が完成したら、営業担当者や工事責任者と一緒に建物をチェックしましょう。このときの検査で不具合が見つかったら修理を依頼しましょう。問題がなければ、鍵の引き渡しを受けて完了検査済証と保証書を受け取り長かった工程もついに終了して、ようやく入居になります。ヾ(o´∀`o)ノ