注文住宅、一戸建て

子ども部屋はいつから?

注文住宅を建てるなら子ども部屋も視野に入ってくると思います。

ここで大きな疑問が出てくると思います。


【いつから、子どもに部屋を与えればいいんででょうか?】


私がいろんな人に話を聞いて考えた結果、【子どもが小学校に上がる時】、このタイミングが一番いいと思います。

理由は主に二つです。

まずは、小学校になると教科書など学校のものが一気に増えることです。
これは荷物が多いので家のものと混ざらないようにというのもありますが、大きいポイントは【子どもに整理整頓の習慣を付けさせる】ということです。小学校のうちは小さいものでも無くしたらスゴくショックを受けるので整理する習慣がつきやすいです。

また、大きくなるに連れて無くしたら困るものが増えていくので小さいうちに整理する習慣が身についていると将来的にも助かるのではないでしょうか?


つぎは、個人的な話ですが、わたしははやく自分のへやがほしいと思っていたからです。
わたしは自分の話をもらったのは中学校に上がってからでしたが、友達の部屋に行った時に羨ましいなぁとずっと思っていたのをよく覚えています。受験などを考えるのであれば一人で勉強できるようになっているのがはやいに越したことはありませんし、小学校で自分の部屋を持つようにしてあげるのがいいのではないでしょうか?


ここまでは私個人の見解ですのでどうしろというわけではありませんが、家族で話し合っていつから子ども部屋を持つようにすべきかをみんなで考えることが一番重要になります。

子育てで気にしたいポイント

子育てをする上で住宅に求めたい条件をまとめてみました。

ポイント


① 騒音対策
子どもの声や音は大きくなりがちです。実際に問題になるかは別として外を気にしなくて良いというのは気がラクですね

② 化学物質のない部屋
将来何らかの健康被害が出ないように、部屋に使う建築材などには気を配りましょう

③ 段差の少ない家
子どもは危険な場所がわからないので段差で怪我する事のないようにしましょう


子育て向けの部屋数

子育てをするにあたって、子どもがある程度大きくなると子供の部屋を与えることがよくあります。最近は私立学校に通わせることが増えているので現在必要な部屋数はあえて多き個人の勉強部屋にすることもあります。また、子どもが複数人いるときは、小さいうちは部屋を仕切って子ども部屋にして大きくなったら個人に分けるというのもありえます。