注文住宅、一戸建て

洗濯機と脱衣所はどこに置こうか?

洗濯機をどこに置くかというのは意外と重要な問題です。
つまり、脱衣所をどうするべきかという問題でもありますね。

考えられるパターンはほぼ2つです。

一つ目は、台所の近くに設置してしまう方法。
メリットとしては、水回りが固められること、朝の食事を作りながら洗濯も進められるということです。
昔はこのタイプが多かったと思います。昔の洗濯機はボタン一つで全自動で洗濯をしてくれるわけではなかったので食事を作りながらちょくちょく洗濯機も弄る必要があったからですね。今は全自動洗濯機が多いのでそんなに拘る必要はないかもしれません。

二つ目は、物干し場の近くに設置してしまう方法。
メリットとしては、洗濯物が一番重いタイミングである洗濯してから干すまでの動線が短いので必然的に負担が減ります。
全自動洗濯機の登場で台所の近くに洗濯機を置かなくて良くなったことでこのタイプが増えてきました。脱衣所が物干し場の近くということで、2階建ての場合は2階に脱衣所と風呂場を設置するということも出来ますね。

洗濯機と脱衣所の問題は、家を建てる時は忘れがちなのに住み始めると非常に気になる問題の典型なので普段の生活でどうしているのかと、どうしたら便利になるのかの2ポイントでよ~く考えてみてくださいね。

子ども部屋のポイント

子どもの成長に合わせられるように部屋を少し大きめにして区切って使うなどの柔軟な対応ができるのが重要です。子どもの持ち物はすごく多いうえに入れ替わりが激しいので管理しやすいようにしておくと良いでしょう。

寝室ってどうつくる?

寝室はちょっと特別な扱いになります。布団の場合は昼間は使えますが、寝室はベッドを置いた途端に寝室としか使えなくなります。どのサイズのベッドを置くかで部屋の使用方法が変わってきます。

キッチンってどうつくる?

LDKのプランニングではキッチンが重要になります。キッチンは家事の多くの時間を使うので作業がしやすいようにしましょう。LDKの関係はいろいろあって、オープンタイプのDKやクローズタイプのDkなどさまざまな種類があります。

ダイニングってどうきめるの?

ダイニングといえば、食事や食育の場なのでキッチンとのつながりが重要です。カウンターの付いた対面型のキッチンが増えてきました。対面型のキッチンは主婦の孤立感の緩和に役立ちますが、ダイニングの場所を削ってしまうので気をつけましょう。