注文住宅、一戸建て

親子リレー返済

親子リレー返済というのは親世代から子世代に住宅ローン返済が交代する返済方法をさします。どういうことかというと、住宅ローンを同時に返済せず、時間をずらして返済します。親子リレー返済では、親子が連帯債務者となります。

リレー返済を利用することで親が高齢者でも一緒にローンを組むことが出来、子世代も子育てが一段落してから住宅ローン返済を行うことが出来るなどメリットが有ります

2世帯住宅の資金計画

経済的にも精神的にも支え合えるというのが2世帯住宅のメリットですが、その資金計画にはどんな特徴があるのでしょうか?

子世代のメリットは2世帯住宅では子育てを手伝ってもらえること、親世代のメリットは子どもがそばにいることでお互いに安心感を得ることが出来るのが特徴です。住む人数が多いので、家が大きくなりがちですが、子ども名義で住宅ローンを借り入れる時に収入条件が足りなければ親の年収も合わせて審査してもらえることも資金計画上ではポイントです。他にも親子リレーローンや親子ペやローンなどを利用できる点は2世帯住宅の大きな特徴といえるでしょう。

子育て世帯の資金計画

子育て世帯の資金計画ではどのようなものが望ましいのでしょうか?いくつかのポイントからオススメのパターンを提案してみました。参考にしていただけるとうれしいです。

子育てをするかしないかで変わってくるポイントは子どもの教育費を念頭に置くか置かないかです。最近では子どもを私立の学校に通わせる家庭も増えてきましたから、今まで以上に計画的に教育費を準備する必要が出てきます。

こういった要素を考慮すると、資金計画ではあまり無理をしないで借入金をある程度セーブするほうが望ましいといえます。
また金利選択も安定感を重視して選んだほうがよいので、フラット35のような全期間固定金利や長期間の固定期間選択型がよいといえます。