注文住宅、一戸建て

オール電化住宅のデメリット

ここ数年で増加傾向にあるオール電化ですが、どんなデメリットがあるのでしょうか?意外と知られていないポイントもあるので確認しておきましょう。


【デメリットのまとめ】


① 調理器具(鍋)が限定されてしまう
IHクッキングヒーターには、専用の調理器具しか使えないのでガスに比べて使える調理器具は限られます

② 停電すると大問題
ガスと電気を併用する一般住宅に比べると、停電してしまうと何もできなくなる可能性があります

③ 昼間の電気代は高くつきがち
オール電化住宅向けの電気料金プランでは、深夜電力をより安く提供する代わりに昼間の電気代は高額に設定されています。

④ 衛生面の問題
オール電化住宅の温水器は一度タンクに貯水するので、タンクに貯水されたお湯はそのまま飲用水にできません。なので、一度沸騰させる必要が出てきます。ガスを使っている場合はお湯は使う時に沸かすのでそのまま飲用水に出来ます。

⑤ 貯湯タンク設置スペースが負担に
敷地内に電気温水器の設置スペースが必要になってしまいます。

⑥ 設置コストが高額
オール電化住宅は設置費用が高額になりがちです。燃料代全体でペイできるとは限らないのでオトクかどうかはムズカシイでしょう

⑦ IHクッキングヒーターの電磁波は安全か
IHクッキングヒーターの使用によって出る電磁波が人体に無害であると言い切れません

⑧ 調理時の火力への不満が出ることも
IHクッキングヒーターは炎を使わないので、調理時に不満を覚える人もいます。

オール電化住宅のメリット

オール電化にはさまざまなメリットがあります。通常の住宅では意外と問題になるポイントをクイアしているので結構優秀なんですよ。そんなオール電化のメリットをまとめてみました。

【メリットのまとめ】


① ガス代が0
全部電気なのでガスを使わず、ガス代はもちろんガスの基本使用料すらかかりません

② 深夜電力の利用で電気代を抑える
オール電化では電気代が安い深夜電力を集中的に利用するため電気代がお得になります。

③ 震災にも強い
インフラ復旧は電気が一番はやいとされています

④ もしもの時には給湯器で貯めた水やお湯を生活用水にできる
エコキュートや電気温水器の中には貯水タンクがあるので、いざというときには生活用水として使用することができます。

⑤ ガスよりも火災に対する安全性が高い
IHクッキングヒーターでは炎を利用しないので引火せず安全

⑥ 調理器具のお手入れがラク
ガスコンロより汚れにくいので傷みにくく掃除もラク

⑦ 住宅内に熱源を持たない
ガスと違って住宅内に熱源もってこないので、ガス漏れや不完全燃焼などによる一酸化炭素中毒の心配がありません。

⑧ 室内空気が汚れない
熱源を持ってこないので、二酸化炭素を発生させず室内空気を汚しません。


オール電化って結局なんなのさ

オール電化、正しくはオール電化住宅というのですが、このオール電化住宅というのは、調理や空調や電気や給湯などの熱源を必要とする機能を全て電気で賄っている住宅のことを指します。

オール電化住宅の特徴



オール電化住宅では、このような設備が使われています。

【キッチンの設備】
ガスではなく、電気を使って調理を行う、IHクッキングヒーターを使います


【給湯】
ガスでお湯を沸かすのではなく、安い深夜電力を使って夜間にお湯を沸かしておいて、日中に沸かしたお湯を使えるように沸かしたお湯を溜めておけくことができるエコキュートを使用します。


【暖房】
ガス・灯油の暖房ではなく、エコキュートの熱を利用した「床暖房」や、安い深夜電力で夜の間に蓄熱して(熱をためて)おき、その熱を日中に利用する蓄熱ヒーターが使われています。


オール電化最大の特徴は【夜間の安い熱源を使うことで電気代を抑える】というところにあります。結果として、電気に熱源を集中させることで燃料代を抑えることが出来るという仕組みなのです。