注文住宅、一戸建て

失敗しない注文住宅を作るために

注文住宅に限らず住宅購入は多く人にとって人生最大の買い物です。住宅購入で満足する人と後悔する人と大きく二つに分かれています。どうしてこのように分かれてしまうのでしょうか。満足と公開を左右するのは情報をちゃんと集めているかどうかです。情報を集めるかどうかで上手くいくか行かないかが決まります。そこで、住宅購入の流れや住宅ローンにはじまって収納などのインテリアについて住宅の情報を集めました。住宅選びの参考にしていただけると幸いです。

  自力でいろいろ調べたい方はこちら
  >>マイホーム購入の流れ へGO!
  >>住宅ローン契約の流れ へGO!
  >>控除でお金を取り返そう へGO!
  
  リクルートの無料住宅講座に参加して、手っ取り早く体系的な知識を得たい方はこちら
  >>リクルートのスーモカウンターの無料講座に参加する へGO!
  ※私が最初にやった方法です!無料だし勉強になるのでオススメ!

  簡単にサクッと知りたい方はこちら
  >>初心者にオススメの住宅情報会社 へGO!

マイホーム購入の流れ

マイホームの購入は一生で何度も経験出来るわけではない大きな買い物です。そんな大きな買い物を失敗したくないですよね。
ですが、マイホーム購入で後悔する人がすごく多いのも事実です。マイホーム購入で失敗しないためにも、マイホーム購入がどのような流れで進行するのか確認しておきましょう。


1.まずはどんな家がいいか決めよう

どんな家にしたいかイメージするのはマイホーム購入の成否を分ける非常に重要なポイントです。では、どんな家にしたいかを考える上で一番忘れてはいけないことは何でしょうか?

それは、【これから新居でどんな生活をしていくのか】ということを【家族で話し合う】ことです。手間と時間がかかりますが、家族がみんなで話し合って行く中で、一人では気づかなかったようなポイントを入れられたり、ひいては家族全員が納得できる家造りにつながります。

家族で話し合う中で、広い家がいいや収納の多い家がいいのような【理想の家】から、家中を子どもが走り回り、家族が笑い合うような【住みたい家】のイメージへ移っていきます。
詳しくは先ずはイメージより始めよ



2.先に予算を決めよう

どんな家にするか検討したので情報収集をしてアイデアを具体的に詰めていきたいところですが、その前に予算の方を先に決めましょう。家にお金を無限に使えるわけではありませんから、自分で用意できるお金と住宅ローンで用意するお金とを合わせて、合計どのくらいの予算が用意できるのかをきちんと確認しましょう。
詳しくはマイホームの予算はお幾ら万円???



3.どこに建てるか決めよう

土地を決めるにあたってもちゃんと家族で話し合って希望の条件を共有しておきましょう。土地決めで失敗しないために最低限忘れずに見ておきたいポイントは、予算や広さ、沿線・最寄駅、駅からのアクセス、治安などですので必ず確認しておきましょう。必ず土地を決める前には候補地に実際に足を運んでください。特に駅とのアクセスを確認するためにバスの時刻表などを見てみて、生活し始めてからのことを想像してみましょう
詳しくは住めば都ですが、いい都に住みましょう



4.建築会社の情報を集めよう

土地に目星をつけたところで、一緒に家づくりをする建築会社をどこにするかの情報収集をしなければなりません。
 

情報収集は次のように行うと効率よくスムーズに進みます。
第一段階は、情報サイトや情報誌工例や商品の特徴などをチェックするのが良いでしょう。
第二段階は、チェックした中の気になる建築会社を資料請求してみましょう。
第三段階では、資料を見て興味を持った会社のモデルハウスに行ってみましょう。空間の使い方や素材の質感など、実際に見てみないと分からないことがわかると思います。

入念に確認したい方は、興味のある建築会社の工事中の様子みることができる現場見学会や、完成した家を見せてくれる完成見学会にも行ってみると良いでしょう。
モデルハウスの見学に関してはモデルハウス見学でここを見ろ



5.一緒に家を建てる建築会社を決めよう

情報収集を通じて建築会社に目星がついてきたら、次にやるべきことはラフプランと概算見積もりの依頼です。いよいよだいぶ本格的になってきましたね、
このラフプランと概算見積もりですが、ふつう複数の会社に依頼する「相見積もり」というものをします。情報収集の段階で候補の会社を2~3社に絞り、予算などの条件や最初に決めた家の希望を伝えて、それぞれの会社に見積もりを出してもらって比較する。複数社の見積もりを見比べてどこの建築会社の見積もりが予算内で最も希望が通るのか確認しましょう。
詳しくは
まずは建築会社の種類から選べ!
相見積もりで失敗しない建築会社を選ぼう



6.建築会社と一緒に間取りを決めよう

相見積もりを終えてどこの建築会社と一緒に家づくりをするか決まったところで、ついに間取りを詰めていく段階まで来ました。ここで入念に間取りや見積もりをやっておくことが失敗しないために非常に重要になってきます。

間取りと見積もりの打ち合わせを終えて本設計と本見積もりにサインすると契約完了です。契約後の変更は高く付くことが多いので予算オーバーに直結しますから、予算を守り切れるかの最終ボーダーラインというわけです。
必ず付帯工事費や諸費用の見積もりももらい工事全体にかかる費用をきちんと計算しましょう。もしこの段階で予算オーバーが見えているんであれば、グレードを落とすなどコスト調整が必要な場合もありますから慎重を期して望みましょう。
工事全体のプランおよび、費用面でも納得できたら「工事請負契約」を結んで着工しましょう。



7.住宅ローンの申し込み

契約前の話にちょっと戻ります。購入の意思が固まったら購入申込みと同時に、住宅ローンの事前審査を受けておきましょう。住宅ローンについては借入先や借りる額、返済期間などが入居後の返済負担に影響してくるので借りる本人がきちんと確認しましょう。

事前審査も契約も終わったら、ついに住宅ローンの本申し込みになります。ここで審査に通ると晴れて住宅ローン契約ができます。
詳しくは失敗しないための住宅ローン契約までの流れ



8.工事開始!

工事をはじめるにあたっていくつかやらなければいけないマナーがあります。
最初は工事の日程が決まってから着工までの間に近隣へのあいさつをすること。
工事の期間中は車の出入りや騒音などで近隣に迷惑をかけることがあるので、建築会社の担当者に同行してもらい、お菓子やタオルなどの手土産持参で工事日程などを説明しましょう。

工事ではまず地縄張りと地鎮祭を行います。建物の位置を確認するためにビニールひもなどを張るのが地縄張り、工事の安全を祈願する儀式を地鎮祭といいます。ちなみに、地鎮祭を行うかどうかは施主の判断にもよるとされています。

いざ工事が始まったら、ときどき現場に足を運んで進行状況を確認しましょう。職人さんも一緒に家づくりをしていますから飲み物の差し入れをしてみてはいかがでしょう。



9.完成したら建物をチェックして引き渡し

工事が完了して建物が完成したら、営業担当者や工事責任者と一緒に建物をチェックしましょう。このときの検査で不具合が見つかったら修理を依頼しましょう。問題がなければ、鍵の引き渡しを受けて完了検査済証と保証書を受け取り長かった工程もついに終了して、ようやく入居になります。ヾ(o´∀`o)ノ

失敗しないための住宅ローン契約までの流れ

家を建てるといえば、住宅ローンがしばしば問題になりますね。
家を建てる時点で全額を払える人はそうそういませんから、多くの方がローンを組みます。
住宅ローンを借りること自体は悪いことではありませんが、住宅ローンにまつわるトラブルは結構多いので失敗しないための住宅ローンに関する知識をキチンと身につけましょう


【申し込みまでの流れ】

1.資金計画は入念に

どういった家をどのくらいの予算で建てるのかをキチンと計画することが重要です。特の重要なのはこの予算をどうような資金計画で準備するのかということです。

資金は貯金から準備する頭金と、銀行からの融資で準備する住宅ローンの二つから出来ています。最近では頭金ゼロで全額住宅ローンで準備するという人も出てきていますが、後々の返済額という面で考えると頭金を準備することは依然として重要です。


《資金計画を建てるに当たっての注意点》

マイホーム購入にあたって購入代金以外にも、印紙税のような税金や手数料がかかりますし、入居後には新たに不動産取得などの税金が掛かるようになりますので、マイホーム購入資金の全てを頭金に注ぎ込むようなことはやめましょう。

いつまでも資金計画を立てていては物件が購入できませんから、物件の契約前までには資金計画を立てましょう


2.どのような住宅ローンを借りるべきか


どの銀行で借りるべきかという問題以前に、
住宅ローンには沢山の種類があってとてもじゃないですが決定するのは難易度が高いです。

ややこしいので、大きな3つのポイントを簡単にまとめてみました

 I. 融資のタイプ
 

i) 機構融資
住宅金融支援機構による融資で建設費の八割を上限に融資を受けられる。基本的に新規募集はなし。
  
ii) 財形住宅融資
サラリーマン向け。財形貯蓄を1年以上利用し、50万円以上貯金していれば超低金利で最高4000万円まで借りられる
詳しくは実は有能な財形住宅融資をお忘れなく
  
iii) フラット35
住宅金融支援機構の定める条件をクリアしていれば、完全固定金利で建設費の九割の融資を受けられる
詳しくは新しい住宅ローンの形フラット35
  
iv) 銀行融資
各銀行の定める条件をクリアしていれば、本人の返済能力に合わせた融資を受けられる。一番融資条件がユルい
詳しくは多種多様な銀行融資


 II.金利のタイプ
  

i) 全期間固定金利型
その名の通り、返済終了するまでの全期間の金利が融資開始時点に決まった金利になる。
固定が予め決まっているので返済金額も決まっている
詳しくは固定金利はシンプルさがウリ

ii) 変動金利型
こちらもその名の通り、金利が定期的に変化する。金利の上下により返済額も変わる。
詳しくは史上最低水準に近づく変動金利

iii) 固定金利期間選択型
固定金利と変動金利をミックスしたもの。
融資開始時から一定期間は固定金利で、定めていた期間が終わると変動金利になる。
銀行融資ではこのタイプがメジャー
詳しくはミックスプランの固定期間選択型


 III. 返済方法


i) 元利均等返済
  毎月の返済額が一定の返済方法。返済額が一定なので返済計画を立てやすい
  
ii) 元金均等返済
  毎月の元金を一定割合で返済する返済方法。元金+利息なので最初の返済額が一番多いが、トータルの返済額は少なくなる。


以上の分類を組み合わせることで、
5000万円を固定金利選択型で年率2%で銀行融資から融資を受けて住宅ローンを組み、返済プランは元利均等返済で30年といった具合になります。



3.事前審査で予行演習

物件の購入の申し込みを行ったら、売買契約をする前に資金計画が実行できるか予め確認しておくためにも事前審査を行いましょう。
売買契約を結んだわいいけど、住宅ローン組めなくてニッチもサッチも行きませんではいきなりマイホーム購入が破綻してします。
そうならないためにも、契約前に住宅ローンが組めそうか事前確認をしておくのが吉です。


 【持ち物】
 □ ローン事前審査申込書
 □ 本人確認書類 (運転免許証など)
 □ 収入を確認できる書類 (源泉徴収票など)
 □ 勤続年数を確認できる書類 (健康保険証など)
 必ずしもこれで全部ではありませんが、この辺りは忘れないようにしましょう!




4.最終関門本審査

事前審査通過後、物件の売買契約をするとついに住宅ローンの本審査になります。
本審査をパス出来ればいよいよ契約です。
事前審査を通しておけば1~2週間で結果が出ますので、やはり事前審査は通しといたほうがいいですね
事前審査と本審査は別物ですので事前審査で通ったからといって必ずしも通らないことには注意しましょう


 【持ち物】:かなり事前審査に比べ種類が多いので要注意!!!
 □ ローン申込書
 □ 団体信用生命保険申込書兼告知書
 □ 本人確認書類 (運転免許証など)
 □ 収入確認書類 (源泉徴収票など)
 □ 勤続年数を確認できる書類 (健康保険証など)
 □ 物件書類 (間取り図など)
 □ 契約書類 (売買契約書の写しなど)
 □ 公的書類 (住民税課税証明書など)
 それぞれの金融機関ごとに必要書類や申込書が異なるので申し込み前にしっかりと確認して審査に臨みましょう。



5.金融機関と契約して住宅ローン組んでよ

本審査を突破するとついに住宅ローン契約です。ここまで来たらもう一息です。
ちなみに、住宅ローン契約は正確には【金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約】 と言います。契約書の事前記入の有無や必要な書類などは金融機関によって異なるのでよ~く確認してください。
この時の要注意ポイントは適用される金利は契約時の金利ではなく、決済時の金利なのでまだ金利が確定していないのでご用心。

6.そして融資へ・・・

長かった住宅ローンの行程もついに終わりです。
融資開始により、残金決済と引き渡しがついに可能になります。
これによりようやく支払う側になるわけですね。
ここまでいろいろな行程を経て住宅ローンを受け取ったわけですが、ここからの返済のほうがず~~~と長いです。
ここから20~30年もの長い長い返済生活が始まりますので頑張りましょう。
現状ではどういう資金計画が可能なのか試算する

税金の控除で税金を取り返そう

住宅ローンを借りると、なんと所得税や住民税の減免を受けられるという制度があります。これを通称住宅ローン控除といいます控除というとなにやら難しそうな気配がしてきますが、今回は住宅ローン控除を利用するための方法を簡単にまとめてみました。


1.住宅ローン控除とはそもそもなんだろうか


住宅ローン控除とは、借り入れた住宅ローンの年末の残高の1%分の、【その年の所得税の還付】や【来年の住民税の減額】される制度です。この制度は最大10年間利用できます。


簡単に言うと、住宅ローンを借り入れてからの10年間は税金が安くなる制度です。所得税はサラリーマンは源泉徴収という名の【先払い】なので、安くなった分は返ってくるというわけですね。



2. どのくらい安くなるのか


平成31年6月、つまり西暦2019年6月までは10年間合計で最大400万円も税金が減ります。また、ここにさらに低炭素住宅という条件付きで控除の上限が100万円まで上乗せされて、最大では合計500万円まで税金が減ります。ちなみに、所得税の控除額のほうが所得税そのものより多かった場合に、多かった分は最大13.6万円まで次の年の住民税の減税に充てられます。


実はこの住宅ローン控除ですが最近増額されたんです。これは消費税が5~8%まで増税されたので、人生で一番大きな買い物である住宅購入に与える影響が大きいと思われたからなんですね。増税はありがたくないですが、こういった特典の強化は美味しいのでもらえるものはもらう姿勢で行きましょう。



3. どんな住宅なら住宅ローン控除を受けられるの?


いくつかの条件があるので今回は新築の住宅の条件をまとめてみました。


① 住宅ローンの種類は?
フラット35やふつうの住宅ローンなど金融機関から借り入れたものには適用されます。ですから、親や親戚に借りた場合は適用されません。また、返済期間が10年未満の短期返済の場合にはあてはまらないのにも注意しましょう


② だれがかりれるの?
借主(借りた人)の合計所得金額が3000万円以下の場合には適用されます。


③ 住宅の条件は?
 ● 新築または取得日から6か月以内に入居すること
 ● 登記簿に記載されている床面積が50m2あるでこと
    →狭小住宅はダメ
 ● 床面積の半分以上が自分の居住用であること
    →自分で住む住宅にしか適用できない


4. どうすれば住宅ローン控除を受けられるのか


住宅ローン控除は寝てても受けることは出来ません。家に越してきた翌年の確定申告の際に書類を提出する必要があります。自営業の人はやっていますが、サラリーマンの場合は自分で新たに確定申告する必要が出てきますので要注意!!!


サラリーマンはフツーだと会社が所得税を支払ってくれているので確定申告をしていませんが、入居してきた年の翌年の確定申告で手続きをすることで住宅ローン控除を受けられるようになります。なれないことをするのは大変ですが、一回やると以降は会社にローン残高証明書を提出するだけでそれまで同様に確定申告しなくて済むようになるので、一回のタイミングを忘れないようにしましょう。



5. 住宅ローン控除まとめ


住宅ローン控除は簡単に言ってしまえば、住宅ローンを借りれば税金が減る制度です。ですが制度を利用する気になれば、それだけには留まらない使い方ができます。


どういうことなのかというと、住宅ローン控除でオトクになることを計算に入れて借りる額をできるだけ多くしてしまおうということです。借りる額が増えれば伴って住宅ローン控除も多くなりますからさらに税金を減らすことが出来るというわけです。


住宅ローン控除を計算に入れてたくさん住宅ローンを借りるというのが正解とは限りませんが、制度をよく知って逆手に取ることでかしこい家づくりができるようになるので知識を付けるのは重要になります。

お気に入りサイト・ブログ

こんにちは。斎藤ムーミンです。


このサイトでは住宅を建てる上で重要な事をまとめていますが、家は建てて終わりではないですよね。その後の生活のことも非常に大切にすべきだと思います。そういった理由から、私は自分の家を建てることになってから、インテリアや庭造り(ガーデニング)、収納テクニックなど、家・生活に関することに広く興味が出てきましたので勉強を始めました。せっかくですので、このページでは私が自分の家をより快適にするために普段から役立てているブログやサイトを紹介させていただきたいと思います。


斎藤ムーミンのお気に入りサイト・ブログ一覧


インテリアや庭造り、収納テクニックは今まであまり気をつけてみてこなかったので、まだまだ勉強することがたくさんあって難しいですが、出来るとちょっとずつ快適になっていくので楽しいですね。是非一緒に頑張っていきましょう。